グランプリのルール
優勝賞金1億円 優勝賞金1億円 34thグランプリとは? 出場資格 2019/1/1から2019/11/24(SGチャレンジカップ最終日)までの獲得賞金ランキング 上位18名

2019年1月~11月の期間でSGチャレンジカップ最終日(桐生)までの獲得賞金上位の18選手に出場権が与えられるボートレース界最高峰のレース。

レースはトライアル1st・トライアル2ndに分かれて行われ、トライアル1stは獲得賞金7位~18位の計12名のレーサーによって、初日~2日目の11R・12Rに実施される。
ここでの得点率上位6名が2ndステージに駒を進める。

トライアル2ndは賞金ランキング1位~6位の選手及び1stステージでの勝者6名を含めた計12名で3日目~5日目の11R・12Rで行われる。
トライアル2ndでの得点率上位6名が優勝戦に進めグランプリ制覇を狙う。






Trial1st
トライアル1st 第1日目 トライアル1st 第1日目
井口佳典
馬場貫也
徳増秀樹
菊地考平
今垣光太郎
平本真之

11R

12R

柳沢一
白井英治
田村隆信
太田和美
池田浩二
茅原悠紀

11R

井口佳典
馬場貫也
徳増秀樹
菊地考平
今垣光太郎
平本真之

12R

柳沢一
白井英治
田村隆信
太田和美
池田浩二
茅原悠紀
12月18日(水)トライアル1st 第2日目 12月18日(水)トライアル1st 第2日目

※枠番は抽選で決定

矢印
TRIAL 2nd
12月19日(木)トライアル2nd 第1日目 12月19日(木)トライアル2nd 第1日目
吉川元浩
石野貴之
瓜生正義

11R

12R

毒島誠
峰竜太
桐生順平

11R

吉川元浩
石野貴之
瓜生正義

12R

毒島誠
峰竜太
桐生順平
賞金ランク1〜6位のアドバンテージとは?①モータ―は上位6基が割り当てられる②トライアル2nd第1日目で1~3号艇に入ることができる③トライアル2ndからの出場で、グランプリシリーズに回るリスクが少ない④開催初日・2日目はレースがなく、調整時間が豊富⑤過去5回中4回、賞金ランク1~6位が優勝⑥昨年は優勝戦6名中4名が賞金ランク1~6位 賞金ランク1〜6位のアドバンテージとは? ①モータ―は上位6基が割り当てられる②トライアル2nd第1日目で1~3号艇に入ることができる③トライアル2ndからの出場で、グランプリシリーズに回るリスクが少ない④開催初日・2日目はレースがなく、調整時間が豊富⑤過去5回中4回、賞金ランク1~6位が優勝⑥昨年は優勝戦6名中4名が賞金ランク1~6位 12月20日(金)トライアル2nd第2日目 12月20日(金)トライアル2nd第2日目

※枠番は抽選で決定

12月21日(土)トライアル2nd第3日目 12月21日(土)トライアル2nd第3日目

※枠番は抽選で決定

12月22日(日)グランプリ優勝戦 12月22日(日)グランプリ優勝戦

12R

12R

10R 順位決定戦

※トライアル1st 7~12位は、12月19日からSGグランプリシリーズ戦に合流。同10Rで「シリーズ復活戦」に出走し、グランプリシリーズ戦の優勝を目指す。

※トライアル1st 7~12位は、12月19日からSGグランプリシリーズ戦に合流。
同10Rで「シリーズ復活戦」に出走し、グランプリシリーズ戦の優勝を目指す。

戻るボタン